ドブログ[Do-Blog]は個人的なメモブログです。文具、Mac、写真、情報設計が主な話題。OM-D E-M5mark2やTG-4で撮ったり、LAMYとMoleskineで書いたり、Macで仕事してます。

OLYMPUS XZ-2 レビュー FlashAirとOI.Share篇

2012年11月18日 日曜日@22:14

スタイラス XZ-2 発売記念キャンペーンで応募していた東芝FlashAirが届きました。初日の午後いちで応募したので、たぶん最速組です。

公式に対応を表明しているだけあって、普通に動きました。

これは便利!

と言いたいところですが、ちょいとWifiの繋ぎ直しが面倒かな。これはiOSの問題ですが。

iPhone4Sがある環境で、あえてXZ-2で撮影してShareする場面があるかどうかは未知数です。

以前使用していたEye-fiとは同じようで全く別物なので、使ってみたら評価が変わるかも。

OLYMPUS Image Share

ところでOLYMPUS Image Share[OI.Share]というアプリがかなり優秀です。

FlashAirをサーチしてブラウズしてくれる機能がコアなのですが、取得した写真にアートフィルターがかけられる機能がなにげにユニーク!
ていうかスマホの中に入っている写真なら何でもOKなのでちょっと反則レべル!
さらに重ね掛けなんかも出来るんですよね。

XZ-2レビューシリーズ

  1. OLYMPUS XZ-2 レビュー ファーストインプレッション篇
  2. OLYMPUS XZ-2 レビュー ハード篇
  3. OLYMPUS XZ-2 レビュー FlashAirとOI.Share篇

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS XZ-2 1200万画素 裏面照射型CMOS F1.8-2.5レンズ ブラック XZ-2 BLK

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS XZ-2 1200万画素 裏面照射型CMOS F1.8-2.5レンズ ブラック XZ-2 BLK

定価:¥ 66,651

Amazon価格:¥ 42,900

カテゴリ:Camera

発売日:2012-10-26


TOSHIBA FlashAir SDカード 8GB SD-WB008G

TOSHIBA FlashAir SDカード 8GB SD-WB008G

Amazon価格:¥ 8,000

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2012-10-27


この記事へのリンクコメント (0)

MacでParallelsでWindowsでSVNな人のためのHDD&SSD容量節約術。

2012年8月11日 土曜日@22:37

なんのタイミングなのか、図書館でノマド中にWindows 7 Service Pack 1アップデートがかかった。

なんやかんやでMacbookAirの128GあるSSDストレージが、最近は残り20Gをうろうろしてたんだけど、SP1が適用されてすぐにいきなり15Gぐらい容量が減った。んで、残り1Gを切ったところで、とうとうLionさんからストレージ不足の警告が。さらにOSXの挙動も怪しい。やたらファンが回るし、重い。

うーん明らかにおかしい。

不要なファイルは全く置いておらず、容量が増える要素がないんですよねぇ。

ということで、容量削減大作戦開始。

Onyxで掃除

定番ですね。説明を省きますが、ボクの場合、頻繁に掃除しているのでさほど効果はない。

Windows7の復元ポイントを削除

Window7は、とある時点のファイル構成などを復元ポイントとして記憶しておき、有事の際に復元するという便利なお節介機能をもっています。これがものすごく容量を食うので、停止&古い復元ポイントを削除する。

大抵、これで数GB解放される。(残1GB→残6GB)

が、今回はこれだけでは焼け石に水。他にも手段がないかいろいろ試す。

Parallels Desktopのスナップショットを削除

ファイルは増えていないわけで、つまりなんらかのキャッシュやバックアップが容量を圧迫しているのでは?という予想が的中。

いろいろいじくってたら、ありましたParallels Desktopの[仮想マシン]>[スナップショットの管理]>消したいスナップショットを→クリック>[スナップショットの削除]

どうやらWindows7 SP1の適用で、差分が大きく発生したためにスナップショットの容量が激増してたみたい。

3つあったスナップショット全て削除で、なんと20G程度の削減に成功!(残6GB→残26GB)

SVNをクリーンアップ

さてさてここからだ。ボクの記憶が確かならば、必要ファイル・ソフトウェアをさっ引くと35GBから40GBは残るはずなのだ。

あと10GBはどこにある?

すごーく探した結果、どうやらSVNで管理しているフォルダの実データサイズとプロパティから表示されるファイルサイズに大きな誤差がある。

ファイルは5GBなのに、プロパティでは15G。コレ怪しい。スゴく怪しい。

さらに調査を進めると「.svn」が9GB超ある。うん。これですな。

じゃあまず「クリーンアップ」でもしてみますか。で、ビンゴ。10GBすっきり減った!うおお、気持ち良いw(残26GB→残35GB)

まとめ

OSXのOnyxは、かなり強力なツールですが、やはり各所に落とし穴はあります。

今回はParallelsDesktopとSVNに大きなキャッシュとスナップが残っているという勉強になりました。

同じような環境の人は居ると思いますので、お役に立てたら幸いです。

この記事へのリンクコメント (0)

Day One というMacの日記アプリ

2011年8月17日 水曜日@14:19

TwitterやGoogle+もいいんだけど、やっぱりシェアしたくない情報やつぶやきなんかもありますよね。

そういう情報の蓄積には、これまではEvernoteをつかってたんですけど、もっと日記に特化したものが欲しいなぁト思ってたところ、この「DayOne」というアプリを見つけた。(というのは嘘で、アプリを見つけてから理由をでっち上げた。)

DayOneには、Macアプリと、iPhnoeアプリの2種がある。

この二つの同期にはDropboxを使うのだが、この発想自体が共生生物(コバンザメやナイルチドリやカクレクマノミなど)っぽくって非常によいと思った。枯れた技術の水平思考。ブレークスルー。すばらしい。

(自身でシステムや仕組みを開発するのも素晴らしいが、既存のサービスをつかって同等のことができればそれに越したことはない。コストも安いし、すぐできる。)

つまり、Dropboxの同期されている領域に日記ファイルを置かせてもらって、同期ウンヌンについてはDropbox様にやっていただこうと言う腹だ。

ただDayOneのMacアプリ自体からは、この設定方法が明記されていないので以下の手順で同期する。

[DayOneのPrifarences]>[Move To Selected Location]>[DropBoxで同期されているフォルダを指定]で、同期できる。もちろんDropboxのローカルアプリで同期していることが前提。(宿主のサメが動かないと、コバンザメも動けないのである。)

新しく日記ファイルを登録する場合は、[Choose Anther…]を選択するとよいらしい。[Move]との違いは、すでに日記ファイルが存在するかどうかですね。

iPhoneアプリの方は、SettingsからDropbox連携が示唆されるので先ほど同期したDropboxの日記ファイルを指定すればOK。

ちなみにリマインド機能というのがあるんですが、これは設定しておいたアラートを表示する様なものではなく、とある時間に強制的に日記(Post)を書かせる為のものっぽいです。

で、肝心のアプリの使い勝手なんですが、シンプルで非常によいです。しばらく使ってみようと思ってます。

#どうでもよいことだが、Day Oneをローマ字で読むと「ダヨネ」となる。

この記事へのリンクコメント (4)