ドブログ[Do-Blog]は個人的なメモブログです。文具、Mac、写真、情報設計が主な話題。OM-D E-M5mark2やTG-4で撮ったり、LAMYとMoleskineで書いたり、Macで仕事してます。

特に一眼ユーザが、所持するマウントを過剰に擁護する件について

2010年8月2日 月曜日@18:28

2chのデジカメ板を読んでいると、いろいろな意味で面白い。シンパとアンチがクッキリ分かれていて、お互いが誹謗中傷を繰り返すことに終始している。

例えば、ボクが所持しているオリンパスE-410ならどうだ。素子が小さいだの、ボケにくいだの、フォーサーズ自体がディスコンだの。自称中級者どもが躍起になって批判してくる。たぶん彼らは別のマウント(キヤノンとかニコンとかのレンズ規格。マウント違うレンズとカメラは合体できない。)を所有している人々なのだろう。

ここで仮説を立ててみる。

仮説 1) カメラユーザは他のマウントを攻撃対象とし、ネガティブな発言をしやすい。

これは板全体で見られる傾向で、この仮説が正しければカメラ板・デジカメ板が荒れやすいのも頷ける。しかし個人的には非常に程度の低い罵り合いだと思うし、不毛であり、建設的でないスレの流れになるため歓迎しない。

また、マウント問題はカメラ・写真を語る上で避けては通れない話題なので、平和的なスレでも突如としてマウントの話題で荒れることがある。

ではなぜカメラユーザは他のマウントを攻撃対象とするのだろうか?別に他の人が何を使おうと関係無いではないか。と言いたくなる。

ここで達観した感じで「カメラユーザはアホだ」とぶった切るのは簡単だが、もうちょっと考えていく。この手の批判をする場合、主にユーザの民度というかモラルが槍玉に挙げられるが、ボクはメーカ(や、それに準ずるもの)の責任も追求したい。つまり、「縛り・囲い込みの仕組み自体に問題があるのではなかろうか。」と思うのだ。

御存知の通り(説明が面倒なので知ってることを前提にします)レンズマウントは、おいそれと乗り換えられるものではない。乗換には経済的打撃と技術的ロスがついてまわる。(技術的ロスとは、ニコンとキャノンでピントリングの回転方向が逆だとか。そういう奴。)

では複数のレンズマウントを所持すればよいではないか?いやいや複数のマウントを所有するのは経済的に負荷が高く、余程のカメラ・写真好き(と家族の理解がある家庭)でなければ選択肢として上がらない。

つまり、ユーザは、いくつかのレンズマウントから一つを選び、使い続けなければならない。

しかし、ここで問題がある。レンズマウントの選択は最初のカメラを買う際に行われるものであって、「徐々にカメラやレンズや写真のことが分かってきたから、このマウントにしよう!」などという選択プロセスを踏みづらい。

では、どのようなユーザ真理が働くか?ここで仮説2を立ててみる。

仮説 2)カメラユーザはマウントという「縛り」によって、自身の初期選択を正当化しなければならない。

マウントという「囲い込み・縛り」に対してユーザが(お金や労力を使わずに)出来ることは、そのマウントの正当化が手っ取り早い。そうしなければ自分の選択が間違っていたことを認める形になり、なんとも収まりが悪いわけだから、放っておいてもやる。

さて、自分の選択したマウントが「正しい」かどうかなんて、原理的には証明しようがない。マウントによって特徴と傾向はあるが、「絶対的な正解」は存在しない。これは真理であるが、この真理を忘れてしまった人々が2chに集い、己の選択したマウントの正当性を主張するのである。

マナーの良いディベートは別として、2chという匿名性の高いコミュニティである。正当性の主張よりは敵対マウントのネガティブキャンペーンを行った方が、インパクトが強く何より溜飲が下がる。
よってカメラ・デジカメ板は荒れるのである。

こういう背景があるから、複数マウントを所持した本当のカメラオタクの、ある程度正当な評価・評論も「○○工作員」だの「××厨」などとして、聞く耳を持たれない。「なるほどね。」「一理あるね」などと評価の一環として受け入れられづらいのだ。

ここまで論じた現象は、その程度は様々あれど意外と多く存在する。ここで仮説3。

仮説 3)ユーザを囲い込めば、板が荒れる

この仮説は、カメラマウントに限らず、以下のような特徴を持つものや製品に多く見られると思う。
・乗り換えが容易でない仕様が背景にある
・複数マウント(ブランド)の同時所持が難しい
・ブランド色が明確に異なる競合が複数ある

具体的な例としては以下のとおり。

野球、サッカーのファン

地域的に半永久的な縛りがあり、なにより幼少期からの刷り込みが大きい。反発すると地域的なコミュニティから村八分を食らうなど、意外とダメージが大きいため、半強制的な選択が求められる。個人的には「西鉄ライオンズ」→「ダイエーホークス」とチーム自体が入れ替わっているのに、地元球団という理由だけで応援しなければならない風潮が我慢できなかった。

ケータイキャリア

Docomoが大好きな人、ソフトバンクが大嫌いな人などのこと。ケータイキャリアの囲い込み方法で最も邪悪なのは、「2年縛り」と「家族割り引き」。この二つはよくできたビジネスモデルである反面、板が荒れる遠因である。キャリア各社には「サービス」の面で勝負していただきたい。

メモリーカードメディア

SDカード、コンパクトフラッシュ、メモリースティック、xD。各メーカがメディアの形状を制限することにより、自社製品群を買わせようとする戦略があからさまだった。今はもうSDカードでほぼ統一されたような落ち着きがある。この囲い込みが中途半端だったのは、メディア自体が比較的安価だったことにある。乗り換えが容易だったのだ。

メモリーカードで面白いのは、同一系列でも形状が違う場合があることだ。「SDカード」「miniSDカード」「microSDカード」。なんだこれは。

Windows / Mac 、ブルーレイ / HD-DVD、VHS / ベータ

OSの乗り換えでネックになるのは、「ソフトウェア資産」と「OSに依存するスキル」である。特にソフトウェア資産は経済的な打撃がデカイ。もっと言うならAdobe。高すぎる。

母体の規格+ソフトウェアという意味では、ブルーレイ / HD-DVD、VHS / ベータも同様。

OSに依存スキルとは、「コントロールキーとオプションキー」がその代表格。「ディスクをゴミ箱へ」も象徴的存在。

乗用車

乗り換えは意外と簡単。縛りは余り無いように思えるが、償却年数が長いため、一つのブランドに囲い込まれる年数は意外と長い。また、複数台所有することはコスト面で負荷が高いため、自ずと択一となる。

車に執着する人は多く、一家言あることが多いため、板はすごく荒れる。こう言っちゃなんだが、攻撃的なユーザが多いとも思う。

住まい(の地域コミュニティ)

千葉県ユーザと埼玉県ユーザは仲が悪い。同様に栃木県と茨城県は仲が悪い。隣接する同等の資質を持った県同士は、基本的に仲が悪くなる傾向にある。国や市や村などの単位でも同様であるが、議論しやすいまとまりとしては、県・市あたりが規模的にちょうどいいらしく、荒れやすい。

仮説2を適用すれば当たり前のことで、自分の選択(もしくは一族の選択)を正当化するためには、至極もっともな戦略であろう。

まとめ

長かった。最期にボクの主張をまとめる。

好きに楽しめばいいんじゃない?

フォーサーズを愛でて悦に入るもよし、議論に参加して板を荒らすもよし、乗り換えるもよし。

おわり。

この記事へのリンクコメント (0)

Fatal error: Call to undefined function st_the_tags() in /home/sites/heteml/users/d/o/b/doburoku/web/cgi/wordpress/wp-content/themes/doburoku-120824/index.php on line 20