ドブログ[Do-Blog]は個人的なメモブログです。文具、Mac、写真、情報設計が主な話題。OM-D E-M5mark2やTG-4で撮ったり、LAMYとMoleskineで書いたり、Macで仕事してます。

OLYMPUS XZ-2 レビュー ファーストインプレッション篇

2012年10月27日 土曜日@23:47

突然ですが「OLYMPUS STYLUS XZ-2」を手に入れたので、高級コンパクト好きの大きなお友達のために、ファーストインプレッションをしておきます。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

まずボクの環境を簡潔に。OM-Dを所有しており、仕事で東京界隈をうろつくためのサブカメラを欲しいと思っていました。

OM-Dには満足していたのですが、レンズを含めると500gを超え、ある程度の体積を必要とするのでビジネスバッグには忍ばせづらいと感じています。「いつでもカメラを携える」という目標を達成するには、荷物が多くなっても候補から外れない機動力が欲しい。

XZ-1は、相当悩みましたが断念しています。
購入欲が湧き上がってきた時期が今年の7月ごろで、このときすでにXZ-2の噂があり買いそびれたのが主な原因です。

XZ-2の購入を決めたのは、以下3点です。
1,オリンパスオンラインで、3年保証付きの約50000円で購入できた。
2,東芝FlashAirがもれなく貰えるキャンペーンがあった。
3,XZ-2から搭載された機能が魅力的だった

印象

今回のレビューはファーストインプレッションということで印象を中心にメモしておきます。

持った感じはコンパクトデジカメというよりマイクロフォーサーズ機です。

作りが非常に良好、XZ-1より重い。
350gぐらいあります。ゴツイ。が、気にならない程度。

液晶見やすい。AFは、まあ合格。レンズ明るすぎ。

メニューがPENやOM-Dと統一されており使いやすい。カスタムボタンやクイックな操作機能が多様。

グリップのデザインが嫌いなので外しています。ストラップリングは向かって右側のものは撤去しています。

レンズキャップは使いません。自動で開くやつも必要なし。そのかわりマイクロファイバーのポーチに入れています。レンズむき出しw

画質

コンパクトデジカメとしてはボクの知る限り最高の画質。(最近の高級コンデジは知らないので参考にならないか)

i.ZUIKO 6-24mm F1.8-2.5は、解像・描写・テレ側の明るさなどの完成度が非常に高い。しかし広角側はたる型の湾曲が分かる。

高感度は、当たり前だけどOM-Dに劣る。しかしE-620よりは上だとおもう。

今回のまとめ

スナップカメラです。
絶対そう。
暗所の撮影や子供や動体の追尾で一眼(OM-D)と差が出ます。AFの速度と正確性から考えると、このカメラで子供を撮ろうとは思わないな。
OM-D自体が現時点でミラーレス最高峰なのでそれと比べるのはコクなのですが、逆に考えるとスナップ用途では遜色なく使える。

ひとまず、1日使ってみた印象でした。作例ができあがれば追加していきます。

以下はサンプルのギャラリーです。Picasaの最大サイズ制限を受けているので多少縮尺がかかっています。

撮影時のデータをご覧になりたい方は、Picasaの「撮影情報」か「写真の情報>詳細ページ」をご覧下さい。全部JPGです。アートフィルターを随所に使っています。

Exifが付いてる写真はこちら。

XZ-2レビューシリーズ

  1. OLYMPUS XZ-2 レビュー ファーストインプレッション篇
  2. OLYMPUS XZ-2 レビュー ハード篇
  3. OLYMPUS XZ-2 レビュー FlashAirとOI.Share篇

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

この記事へのリンク
コメント

コメントはまだありません。

コメントする