ドブログ[Do-Blog]は個人的なメモブログです。文具、Mac、写真、情報設計が主な話題。OM-D E-M5mark2やTG-4で撮ったり、LAMYとMoleskineで書いたり、Macで仕事してます。

MacでParallelsでWindowsでSVNな人のためのHDD&SSD容量節約術。

2012年8月11日 土曜日@22:37

なんのタイミングなのか、図書館でノマド中にWindows 7 Service Pack 1アップデートがかかった。

なんやかんやでMacbookAirの128GあるSSDストレージが、最近は残り20Gをうろうろしてたんだけど、SP1が適用されてすぐにいきなり15Gぐらい容量が減った。んで、残り1Gを切ったところで、とうとうLionさんからストレージ不足の警告が。さらにOSXの挙動も怪しい。やたらファンが回るし、重い。

うーん明らかにおかしい。

不要なファイルは全く置いておらず、容量が増える要素がないんですよねぇ。

ということで、容量削減大作戦開始。

Onyxで掃除

定番ですね。説明を省きますが、ボクの場合、頻繁に掃除しているのでさほど効果はない。

Windows7の復元ポイントを削除

Window7は、とある時点のファイル構成などを復元ポイントとして記憶しておき、有事の際に復元するという便利なお節介機能をもっています。これがものすごく容量を食うので、停止&古い復元ポイントを削除する。

大抵、これで数GB解放される。(残1GB→残6GB)

が、今回はこれだけでは焼け石に水。他にも手段がないかいろいろ試す。

Parallels Desktopのスナップショットを削除

ファイルは増えていないわけで、つまりなんらかのキャッシュやバックアップが容量を圧迫しているのでは?という予想が的中。

いろいろいじくってたら、ありましたParallels Desktopの[仮想マシン]>[スナップショットの管理]>消したいスナップショットを→クリック>[スナップショットの削除]

どうやらWindows7 SP1の適用で、差分が大きく発生したためにスナップショットの容量が激増してたみたい。

3つあったスナップショット全て削除で、なんと20G程度の削減に成功!(残6GB→残26GB)

SVNをクリーンアップ

さてさてここからだ。ボクの記憶が確かならば、必要ファイル・ソフトウェアをさっ引くと35GBから40GBは残るはずなのだ。

あと10GBはどこにある?

すごーく探した結果、どうやらSVNで管理しているフォルダの実データサイズとプロパティから表示されるファイルサイズに大きな誤差がある。

ファイルは5GBなのに、プロパティでは15G。コレ怪しい。スゴく怪しい。

さらに調査を進めると「.svn」が9GB超ある。うん。これですな。

じゃあまず「クリーンアップ」でもしてみますか。で、ビンゴ。10GBすっきり減った!うおお、気持ち良いw(残26GB→残35GB)

まとめ

OSXのOnyxは、かなり強力なツールですが、やはり各所に落とし穴はあります。

今回はParallelsDesktopとSVNに大きなキャッシュとスナップが残っているという勉強になりました。

同じような環境の人は居ると思いますので、お役に立てたら幸いです。

この記事へのリンク
コメント

コメントはまだありません。

コメントする

←前の記事:「」 |  次の記事:「」→