ドブログ[Do-Blog]は個人的なメモブログです。文具、Mac、写真、情報設計が主な話題。OM-D E-M5mark2やTG-4で撮ったり、LAMYとMoleskineで書いたり、Macで仕事してます。

OM-D E-M5のアートフィルタを舐めてましたごめんなさい。

2012年5月12日 土曜日@23:25

OLYMPUSの最後っ屁カメラ「OM-D E-M5」のレビューの続きです。(経営陣が入れ替わってからの勢いは凄いですよね。)

今回はアートフィルタの感想なんかを書いていきます。

生来の気まぐれな性格ですから、偏りがあるのは仕方ないです。

クロスプロセス

タイプ1とタイプ2があったりとスペックや機能なんかは語ると大変なので割愛。

どんな写真が撮れるかってことで作例だけとりあげていきます。

緑とブルーの境界線があいまいになり、幻想的になります。そのせいで赤がグッと引き立つので、主題が赤の場合は面白くなりやすい。

普通に木々や葉っぱ、空を撮っても画になります。かなり反則気味なフィルター。ボクの場合もっぱらタイプ1です。

ラフモノクローム

高コントラストなアレた画を撮りたい時はこれ。

メタルや陰影が良いですね。

ポップアート

彩度カチアゲ。

おもちゃや花に向いてるとおもうよ。

トイフォト

高彩度+色相の偏り+トンネル効果

LOMO LC-Aを使ってた経験からすると、多少嘘っぽい。

まあ、何でも画になる。構図をややずらすのがコツ。めざせロモグラフィー。

ドラマチックトーン

HDR(はいだいなみっくれんじ)写真ですね。

陰影がはっきりした写真。雲なんかが相性良いです。

リーニュクレール

いまいち使い道が分かりません。

デイドリーム

淡いものを撮ると良いみたい。

ジオラマ

いちばん使うと思ってたけど、全く出番がない。

コツは、高い位置から見下ろして撮る。横位置で撮る。画面中心線には高さの違うものを入れない。これでミニチュア感が出てきます。変態ボケを楽しむのも良いかもしれない。

総括

アートフィルタとは、つまり「どこかで見たことのあるような写真」の雰囲気を再現するモードです。

よって「目の前にある構図やシチュエーションに、どのアートフィルタを適用するか。」という、ビジョンの引き出しが多ければ多いほど、面白さを倍増させてくれると思います。腕が良いほど面白くなりやすい。

もちろん一眼の基本は主題にピントをあわせて背景ボカすというメソッドです。これは揺るぎない。しかし、それ以外にもいろんな遊び(というか表現)ができることをE-M5は教えてくれてますね。

「アートフィルタなんて邪道だ」と思っている上級者のあなた!それなら「アートフィルタなんか使いこなしてやるぜ」という気概を発揮してみてはいかがでしょう。

種類が多すぎるので、最初はどれか1つか2つぐらいを徹底的に使いこなすのが良いかもしれません。ボクはフィルム時代にずっとあこがれていた「クロスプロセス」と昭和っぽい「ラフモノクローム」がメインになってます。

しかしE-M5。良いカメラです。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

この記事へのリンク
コメント

コメントはまだありません。

コメントする

←前の記事:「」 |  次の記事:「」→