ドブログ[Do-Blog]は個人的なメモブログです。文具、Mac、写真、情報設計が主な話題。OM-D E-M5mark2やTG-4で撮ったり、LAMYとMoleskineで書いたり、Macで仕事してます。

Gumroadで小銭を稼ぎたい。

2012年2月25日 土曜日@19:46

gumroadというサービスが流行っているようです。

一言でいうと、「決済を簡潔にしてくれるサービス。」
もうちょっと詳しくいうと「自分が持ってる写真やプログラムなどのコンテンツひとつひとつに値段を付けて売りに出せるサービス」です。

こういうのは体験したほうが早い。
さっそくニホンアマガエルの写真のオリジナルサイズデータを売りに出してみました。

アカウントの作成は簡単。Facebookアカウントでログインして終わり。はやいはやい。

まず、売りに出したいコンテンツを選びます。
ローカルファイルをアップロードするタイプとすでにWeb上にあるデータへリンクする方法があります。
アップロードタイプだと、amazonのs3クラウドにアップロードされるようです。
カエルの写真は10MBぐらいあったのですが、問題なく売りに出すことが出来ました。

これが売り出された状態です。
「欲しい!」ボタンを押すと↓クレジット決済へ遷移します。

情報を入れて「支払う」を押すと決済完了。簡単ですね。

購入完了画面です。
カエル写真」リンクをクリックすると購入したデータがダウンロードされます。実にシンプル。

売りに出したリスト(管理画面)です。
不思議な日本語が随所にちりばめられてます。
値段は1$から1000$。円も使えます。
販売者への支払いはPayPalで行います。ボクはさっきPayPalアカウントを作ったのでまだ開通していませんが。

FacebookとTwitterへの拡散が容易で、死蔵しているコンテンツが一瞬にして白日の下にさらされます。
うーん。やっぱ「簡単」って大事ですね。

リンク(商品URL)を作成するタイミングでどうも2重作成が行われているっぽい?など、挙動に不思議なところがありますが、ものすごいポテンシャルを感じるサービスです。

さっそくWikiウサギにカンパリンクを付けてみました。(よろしくお願いします!)

今後欲しい機能

・販売者の出品を一覧できる機能
・購入完了用リンクはコピーし放題なので何らかの解決。
・ブログなどへの貼り付けツール
・ジェネレータ

など。基本の設計がシンプルなので夢が広がりますね。APIもあるからすぐにアプリが開発されそうですね。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

この記事へのリンク
コメント

コメントはまだありません。

コメントする

←前の記事:「」 |  次の記事:「」→